デザインが収益を決める!カフェ開業に欠かせない店舗デザイン



カフェは雰囲気が第一

カフェの集客力を挙げるためには店舗デザインを十分に考えることが第一です。カフェに求められていることとして多いのは落ち着いて過ごせる空間を提供してくれていることであり、そのニーズに応えられる店舗を作り上げることが重要になります。しかし、人によって本当に落ち着ける雰囲気にも違いがあるため、カフェ経営をするエリアでのニーズを考えてデザインを決めることが肝心です。そこに自分なりのオリジナリティーを組み込むと他のカフェとの差異化も行うことができます。まずは雰囲気を作り上げることからカフェ経営を始めるようにするのが大切です。

立地に応じて競合しないように考える

売上を伸ばせるカフェ経営をするためには店舗デザインで競合を避けることが重要になります。立地に応じて周辺のカフェについて情報収集を行い雰囲気が似通ってしまわないようにしましょう。カフェにはリピーターが多いことから、類似している雰囲気のカフェが既に存在している場合には新たにその場所で顧客を獲得するのは困難です。特に新たに開業するときにはデザインを全く異なるものにしてターゲット層を違ったものにすることは必須になります。差異化を図らないと最初に顧客をかきいれることが難しいので明確な雰囲気の違いを作り出すように心がけると良いスタートを切ることが可能です。デザインにこだわりがあってそれがままならない場合には移転をして自分なりの店舗デザイン生かせる立地でカフェ経営をするという考え方も重要になります。

店舗デザインはお店の顔をデザインすること。中身(商品やサービス)が重要なのはもっともですが、まずは外見(店舗)が良くないと魅力的に映らないのも事実です。