注文住宅でマイホームを建てたい!その前に計画しておきたい3点



インテリア選びに必要なもの

注文住宅を建てる際には、インテリアは住宅メーカーのスタッフであるインテリアコーディネーターにお願いするのがおすすめです。

まず、住宅メーカーの商品カタログや住宅誌などから、好きなインテリアをチェックします。インテリアの好みは言葉で説明するのは難しいので、具体的な資料をまとめておくと良いでしょう。

また、新居で使う手持ちの家具なども、インテリアのプランを作成する前に決めておくのが大切です。

家を建てる際に特にこだわる点は

注文住宅で、特にこだわりの多い箇所の一つがキッチンです。料理を作る人には毎日使うスペースであるので、不満がないようにしなければいけません。失敗しやすい点でよく見られるのが、収納とシステムキッチンの高さと、キッチンの幅の狭さです。高さは、使う人の身長に合わせて作るようにしましょう。キッチンが狭くなる理由としては、リビングを広く取った分だけのしわ寄せという例が多いようです。

家づくりは、住む人のライフスタイルに合わせて構想を考えていきます。何を重視するかによって、間取りや構造もそれぞれです。家族でよく話し合い、取り入れたい点の優先順位をつけて整理しておくと良いでしょう。

失敗しない土地選びの条件とは

家を建てる土地選びで必要な条件は、広さに対する予算や最寄り駅までのアクセス、子供がいる家庭は学区などが挙げられます。土地探しは不動産会社に依頼をしますが、まずはインターネットなどの物件情報をチェックしておくのがおすすめです。希望するエリアをいくつか相場を見比べておくと失敗せずに土地を選ぶことができるでしょう。

家づくりや土地選びの計画がまとまれば、家族のライフスタイルに合ったマイホームへと実現していきます。

間取りを自由に決めたいなら注文住宅があります。レイアウトや住宅設備を好みに合わせて選択できるのが魅力です。